スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xvideos動画のサムネイルを全て取得して自分用エロ画像サイトを作る方法

久しぶりの更新です。
お元気ですかマイ・ブラザー。

エロぺんぎんはインフルエンザです・・・。

しかし、そんな中、ネットサーフィンをしていると神サービスを作っているお方を発見!!

XVIDEOSのサムネイルを取得するAPI
http://api.erodouga-rin.net/

何が神かって、こういう自力で作れば良いのだけど誰もやってないものを、フリーでAPI化して公開しているところが神なのです。

というわけで、久しぶりにXAMPPを立ち上げ、これを使ってみましょう。

GETでアクセスしたらJSONで取得できるということで、今回はfile_get_contentsを使ってみます。相変わらずソースは最小限でエラーチェックとかしてないので、localhostで試す程度になってますよ。

さっそくソースです。
index.php

<?php
$body = "";
if (isset($_POST['url'])) {
$url = $_POST['url'];
$json = file_get_contents('http://api.erodouga-rin.net/thumbnails?url='.$url);
if ($json != false) {
$obj = json_decode($json, true);
if (isset($obj['status'], $obj['thumbnails']) && $obj['status'] == "success") {
$thums = $obj['thumbnails'];
$max = count($thums);
for ($i = 0; $i < $max; $i++) {
$imgurl = $thums[$i];
$body .= '<img src="'.$imgurl.'">';
}
} else {
$body .= '<p>取得に失敗しました。</p>';
}
}
} else {
$body .= '<p>xvideos動画のURLを貼り付けてください。</p>';
}
?>
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
<title>XVIDEOS動画を画像で取得</title>
</head>
<body>
<form action="index.php" method="POST">
<input type="text" name="url" style="width:500px;" value="">
<input type="submit" value="画像リスト取得">
<hr/>
<?= $body ?>
</body>
</html>

適当に保存してXAMPPでアクセス出来る所に入れて、さっそく動かしてみましょう。

20140211003800.png
↑っぽいのが出たらOKです。試しに、
http://jp.xvideos.com/video2902392/sexy_asians_fucking_horny_penis
とか入れて、ボタンを押す!(※存在してるxvideosの動画URLを入れてね!)

20140211003825.png
こんな感じになったら、成功です!!

動画と一緒にサムネイルを表示すれば、自分用エロサイトの制作に幅が出ますね。

今度は、ソースを少し変更してサムネイルのサイズを変えてみましょう。
12、13行目付近を以下のように修正。

$imgurl = $thums[$i];
$body .= '<img src="'.$imgurl.'">';



$imgurl = str_replace('thumbs', 'thumbslll', $thums[$i]);
$body .= '<img src="'.$imgurl.'"><br/><br/>';

これで、大きいサムネイルに。

20140211005316.png

じっくりエロ画像として見るには良い感じに。
あとは上手く使って自分用エロ画像サイトを作ってみてください。

アイデア次第で神サービスが出来るかも!です。
もし公開とかしたら教えて下さいね。

最後にオマケ。

<?php
$body = "";
if (isset($_POST['url'])) {
$url = $_POST['url'];
$json = file_get_contents('http://api.erodouga-rin.net/thumbnails?url='.$url);
if ($json != false) {
$obj = json_decode($json, true);
if (isset($obj['status'], $obj['thumbnails']) && $obj['status'] == "success") {
$thums = $obj['thumbnails'];
$max = count($thums);
$imgDst = "";
$wid = $hei = $ofsy = 0;
for ($i = 0; $i < $max; $i++) {
//$imgurl = $thums[$i];
//$body .= '<img src="'.$imgurl.'">';
$imgurl = str_replace('thumbs', 'thumbslll', $thums[$i]);
$imgSrc = imagecreatefromjpeg($imgurl);
if ($imgSrc) {
if ($imgDst == "") {
$wid = imagesx($imgSrc);
$hei = imagesy($imgSrc);
$imgDst = imagecreatetruecolor($wid, $hei * $max);
$white = imagecolorallocate($imgDst, 0xFF, 0xFF, 0xFF);
imagefill($imgDst, 0, 0, $white);
imagecopy($imgDst, $imgSrc, 0, $ofsy, 0, 0, $wid, $hei);
$ofsy += $hei;
} else {
imagecopy($imgDst, $imgSrc, 0, $ofsy, 0, 0, $wid, $hei);
$ofsy += $hei;
}
imagedestroy($imgSrc);
}
}
if ($imgDst) {
//imagejpeg($imgDst, 'thums.jpg'); // ファイルとして保存。Parmission設定してれば使える
ob_start();
imagejpeg($imgDst);
$imgData = ob_get_contents();
ob_end_clean();
$body .= '<img src="data:image/jpeg;base64,'.base64_encode($imgData).'">';
imagedestroy($imgDst);
}
} else {
$body .= '<p>取得に失敗しました。</p>';
}
}
} else {
$body .= '<p>xvideos動画のURLを貼り付けてください。</p>';
}
?>
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
<title>XVIDEOS動画を画像で取得</title>
</head>
<body>
<form action="index.php" method="POST">
<input type="text" name="url" style="width:500px;" value="">
<input type="submit" value="画像リスト取得">
<hr/>
<?= $body ?>
</body>
</html>

これは、サムネイル画像を全部結合して1枚の大きな絵として表示するサンプルです。画像を右クリックで保存してみるとわかるよ!GDライブラリを使っているので、動かなかったらごめんなさい。

xvideosの動画は消えちゃうこともあるので、エロコレクションに1枚の画像として保存しておくのですね。

思い出は色褪せない。

さて、そんなわけで皆様、風邪引かないように!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そもそもGD使う必要があったのか?

Re: No title

> そもそもGD使う必要があったのか?
GDはオマケです!複数のjpeg画像を結合するのに、GDにこだわる必要はありません。編集は自由です!
プロフィール

エロぺんぎん

管理人:エロぺんぎん
不純な動機でプログラマーになった男、エロぺんぎんです。ブラザー達を猛烈に応援したい気持ちと、自分もプログラマーとして成長したい思いで、当ブログを立ち上げました。
エロぺん動画を運営しております。

検索フォーム
Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
RSSリンク
エロぺん動画で人気の動画
人気の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。